大崎山ごみ拾い&たき火体験を開催しました

IMG_3053

今日4月10日(日)は、今年度初のさんじょう自然学校事業として「大崎山ごみ拾い&たき火体験」を開催しました。ボランティアとして自宅でも職場でもない場所のごみを拾うお手伝いをしていただけるだけで、本当にうれしく思います。ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!

桜も満開で、天候も申し分なし。素晴らしいコンディションの中でのイベント開催となりました。山でのごみ拾いなため、やや勾配のあるところを進んでいくのですが、子どもたちもよくがんばって拾い集めてくれました。タバコの吸殻やあめ玉の袋などが多く、ペットボトルや空き缶、ビンなどもたくさん落ちていました。古い雑誌や傘、靴もありましたね!

こういったごみが雪解けとともに見えてきて、草が生え始めるまでの今の時期が一番拾いやすいのです。草が生えてくるとまた見えなくなってしまうので。

子どもたちは落ちているごみを見つけると、走って拾いに行きます。もしくは、「ここにごみがあるよー」と大声で知らせてくれます。今日大崎山でごみ拾いをしたことが、子どもたちの記憶にもずっと残っていてくれるとうれしいなと思います。そして、成長していってもごみを捨てることのない、自然環境に思いやりを持てる大人になってほしいなと、そんなことを思いながら子どもたちとごみを拾っていました。大崎山からの市街地の眺めも覚えていてくれるとうれしいな!

IMG_3017 IMG_3026

ごみ拾いを終えた後は、お弁当を食べて、午後からはたき火などを楽しみました。桜を眺めながら、キャンプ場でのたき火です。マシュマロを焼いて食べ、焼き芋も楽しみました。三条産のサツマイモを焼き、とてもおいしく焼きあがったようですよ。

IMG_3057 IMG_3062

参加したみなさんは元気いっぱいに9時から15時までの時間を過ごしていました。帰りたくなさそうにしている子もいました。大満足の時間だったようで、私たちも本当にうれしく思いました。

今週末16日(土)にも同様のイベントを開催します。まだ参加者募集中ですので、興味のある方はぜひご参加ください。こちらのページからお申し込みをお願いします。

イベントの様子